2002年11月「青少年就労支援ネットワーク静岡」は任意団体として設立され、2004年にNPO法人の認証を受けました。当初より当団体は静岡県内の働きたいけれども働けない人びとに、「仕事に就くことを支援するのではなく、働き続けることができる人生に寄り添う」ことを目 的に活動しています。

 具体的には、一般市民が地域のボランティアとして地域の若者の一人一人に寄り添い、働き続けることを支える「静岡方式」と呼ばれる就労支援のしくみを徹底して実践してきました。2016年9月時点で約600名がボランティアに登録しています。

 支援してきた若者の7割から8割は無業から脱し、働くことの喜びを手にしつつあります。その後当団体は、パーソナルサ ポート事業、地域若者サポートステーション事業、絆再生事業、生活困窮者自立支援事業などを受託し、年間1000人を超える人々を支援するようになりました。

 しかしあくまで当団体は、働きたくても働けない人々とともに歩む、ボランティア団体であり続けます。

理念

青少年就労支援ネットワーク静岡は、静岡県内の働きたいけれども働けない人びとに対して、市民のネットワークによる伴走型の就労支援を提供することを通じて、働く喜びを分かち合える、相互扶助の社会をつくることを目的とします。

「地域をつくり、社会をつくる」
NPO法人青少年就労支援ネットワーク静岡
理事長:津富 宏(34分)

使用したスライドは下記から御覧ください。
https://www.slideshare.net/TsutomiHiroshi/2017-320


団体概要

特定非営利活動法人 青少年就労支援ネットワーク静岡

理事長:津富 宏(つとみ ひろし)

静岡県立大学国際関係学部教授

登録会員数:約800名(2017年9月時点)

平成14

設立(121日)

平成15

若者に対する支援を開始

平成16

NPO法人化

平成17

静岡方式の原型の完成

平成18

IPSとの出会い

平成23

地域若者サポートステーション事業(浜松市)
ホームレス等貧困・困窮者の「絆」再生事業(沼津市)

平成24

地域若者サポートステーション事業(静岡市)

平成25

地域若者サポートステーション事業(掛川市)
地域若者サポートステーション事業 藤枝サテライト(藤枝市)

平成26

富士宮市生活困窮者就労準備支援事業(富士宮市)
静岡県生活困窮者自立相談支援事業(県内12町)

平成27

沼津市生活困窮者自立相談支援事業(沼津市)
富士市若者相談窓口運営事業(富士市)
熱海市生活困窮者就労準備支援事業(熱海市)
伊豆市生活困窮者自立相談支援事業に係る自立相談支援事業/被保護者就労準備支援(伊豆市)

平成28

静岡県生活困窮世帯学習支援事業(長泉町・清水町・函南町)
静岡県ひきこもり支援センター居場所設置運営事業(賀茂郡)
磐田生活困窮者就労準備支援事業(磐田市)

平成29

富士宮市子どもの学習支援事業(富士宮市)

主たる事務局

〒422-8076 静岡県静岡市駿河区八幡一丁目2番17‐2号 白鳥労務事務所内
TEL:054-287-1038